農地に建物や施設を造る場合は、農地法に基づく農地転用等の土地利用に関する官公庁の許認可が必要です。これらの許認可手続を行うためには、現況調査や実地調査に基づく図面作成などの高度な知識と技能が必要とされるケースがあります。行政書士は、これら土地利用関係の許認可手続の専門家です。
●クリックしてください。内容証明郵便(困り事解決)センター掲示板
お問い合わせはこちら ◇◇◇クリックしてください。お問い合わせトップページに戻る◇◇◇
農地に建物や施設を造る場合は、農地法に基づく農地転用等の土地利用に関する官公庁の許認可が必要です。これらの許認可手続を行うためには、現況調査や実地調査に基づく図面作成などの高度な知識と技能が必要とされるケースがあります。行政書士は、これら土地利用関係の許認可手続の専門家です。

・ 農地転用の許可申請 
・ 農地転用届
・ 農振地域地区除外申請
・ 開発行為許可申請(都市計画法第29条)
・ 建築行為等許可申請(都市計画法第43条)
・ 隣地国有・公有地との境界確認申請・協定手続
・ 道路使用許可申請
・ 公共用財産使用許可申請
・ 用途廃止申請
・ 国有財産売払申請
・ 宅地造成規制法関係許可申請
・ 砂防法指定地内行為など許可申請
・ 河川法関係申請
・ 国土法関係届出

土地利用に関することは、当事務所へお気軽にご相談ください。

無料お問い合わせはこちら 土地に関する官公署に提出する書類の作成とその代理、相談業務
土地に関する官公署に提出する書類の作成とその代理、相談業務
「自分の畑に家を建てたい、駐車場にしたい」 「農地を売りたい」
農地転用の許可申請をする必要があります。
農地転用とは、農地を農地以外のものにすることで、具体的には、住宅地・工場用地・道路・駐車場・資材置場等にする場合があります。
また、農地の売買をする場合にも許可が必要であり、行政書士は、これらの手続を一貫して行います。その他、以下に示す事例など、行政書士は多くの土地等に関する諸手続を取り扱います。
1.開発行為許可申請手続
2.里道・水路の用途廃止及び売払い手続
3.官民境界確定申請手続