●全国対応
難題の官公署営業許認可得意としています。専門の提携行政書士と事案許認可取得
に対応いたしますのでご相談ご依頼ください。

「官公署に提出する書類」の作成とその代理、相談業務 
行政書士は官公署(各省庁、都道府県庁、市・区役所、町・村役場、警察署等)に
提出する書類の作成、同内容の相談やこれらを官公署に提出する手続について代理することを業としています。その書類のほとんどは許可認可(許認可)等に関するもので、その数は1万種類を超えるとも言われます。

公衆衛生の観点から、食品を製造・販売したり、飲食店を営業するには食品営業許可が必要です。例えば、レストランや喫茶店などを始めたい場合は、食品営業許可申請書を保健所に提出し、許可を受けなければなりません。
特に難題のパチンコ営業許可申請その他風俗関連警察許可申請得意としています。
一度申請前にご相談ください。
●風俗営業許可に対する詳細情報は下記をクリックしてください。 風俗営業許可に対する詳細情報 ●クリックしてください。内容証明郵便(困り事解決)センター掲示板 ◇◇◇クリックしてください。お問い合わせトップページに戻る◇◇◇
公衆衛生の観点から、食品を製造・販売したり、飲食店を営業するには食品営業許可が必要です。例えば、レストランや喫茶店などを始めたい場合は、食品営業許可申請書を保健所に提出し、許可を受けなければなりません。

風俗営業許可が必要な店舗には、カフェー、料理店、ラウンジ、クラブ、パブ、ゲームセンター(遊技場)、マージャン店、パチンコ店などがあります。風俗営業許可はしばしばラブホテルや個室型あるいは派遣型のファッションヘルスの開業に必要な許可であると誤認されることもありますが、これらは性風俗特殊営業という別の届出制営業となります。
所轄警察署に申請をして風俗営業許可をとらないと 無許可営業で捕まると、前科がつきます。
無許可で風俗営業を営んだ者には2年以下の懲役もしくは、2百万円以下の罰金に処し、またはこれらを併科する。罰金は刑法上の刑罰ですので前科がつきます。
また無許可営業で捕まると、刑の執行が終わったあと5年を経なければ風俗営業を営むことが出来なくなります。
その方が役員として入っている会社も許可を取ることはできません。「捕まったらもう風営許可は5年は取れない」のです。他人名義を借用しての申請については警察の調査が一番慎重になされますので注意が必要です。
●営業に関する許認可は数多くありますので、開業準備前,店舗探しの前に是非とも営業許認可申請手続の専門家行政書士にお尋ねご相談ください
必読風俗営業(ぱちんこ等)許可申請手続(徳島・香川)に関する掲示板
難題の風俗関連警察営業許可申請開業前にご相談ください・警察許可は事前協議が特に大切です。
風営法では以下の通りの営業分類があります。

風営法では以下の通りの営業分類があります。
「風俗営業 」(2条1項)
・1号:キャバレー等の客に接待をし飲食を行いかつダンスをさせる営業
・2号:ラウンジ、キャバクラ、料亭等の客を接待し飲食を行う営業
・3号:ナイトクラブ等の客にダンスをさせ、飲食を提供する営業
・4号:ダンスホール等の客にダンスをさせる営業
・5号:飲食店、バー等で客席部分での明るさが10ルクス以下の低照度飲食営業
・6号:飲食店、バー等で5平方メートル以下の個室を設けての営業
・7号:まあじやん屋、パチンコ屋の営業
・8号:ゲームセンター営業


●風俗営業許可に対する詳細情報は下記をクリックしてください。 ●風俗営業許可に対する詳細情報 ◇◇◇クリックしてください。お問い合わせトップページに戻る◇◇◇
「店舗型性風俗特殊営業 」(2条6項)
・1号:ソープランド営業
・2号:個室型ファッションヘルス営業
・3号:ストリップ、個室ビデオ、ヌードスタジオ等の営業
・4号:ラブホテル、レンタルルーム等の営業
・5号:アダルトショップ等の営業
・6号:その他の店舗型性風俗特殊営業
「無店舗型性風俗特殊営業 」(2条7項)
・1号:派遣型ファッションヘルス営業
・2号:通販型アダルトショップの営業
「映像送信型性風俗特殊営業 」(2条8項)
・アダルトサイト等の営業
「店舗型電話異性紹介営業 」(2条9項)
・テレホンクラブ等の営業
「無店舗型電話異性紹介営業 」(2条10項)
・ツーショットダイヤル等の営業
「接客業務受託営業 」(2条11項)
・接待飲食営業者から委託を受けて客に接する業務の一部を行う営業

また、風営法での規定にはありませんが、大阪府では、風俗無料案内所に関する条例も規定されています。案内所に対する条例が制定されている地域では風俗無料案内所をする際に届出が必要となっております。
さらに、大阪では青少年育成条例により、出会い系喫茶に関する規制があります。営業に際しては届出が必要となっております。
公衆浴場には、普通公衆浴場と特殊公衆浴場があります。
●風俗営業許可に対する詳細情報
お問い合わせはこちら ◇◇◇クリックしてください。お問い合わせトップページに戻る◇◇◇
その他警察許可以外に保健所許可も必要となります。
普通公衆浴場とは、いわゆる「銭湯」のことを指し、入浴料金の上限額について物価統制令の適用を受けます。
 特殊公衆浴場は、それ以外の公衆浴場を指し、スーパー銭湯、ヘルスセンター、健康ランドの他ゴルフ場やスポーツジムの風呂、サウナなどがこれにあたります。 

  公衆浴場を営業する場合は、公衆浴場法に基づき、施設の所在地を管轄する保健所長の許可を 受ける必要があります。
公衆浴場の許可は、公衆浴場法施行条例に定める構造設備基準、適正配置基準に従っていなければなりません。

 ○適正配置基準(公衆浴場法施行条例第3条)
  新たに公衆浴場を経営する場合は、原則として既設の普通公衆浴場(いわゆる銭湯)の敷地の周囲300mの区域外である必要があります。
○構造設備基準
   ・普通公衆浴場及び特殊公衆浴場については、履物収容設備数、脱衣室の床面積や床の材    質、浴室の洗い場床面積、シャワー設備、給水栓の数、換気等について定められています。
    (公衆浴場法施行条例第6条第1項)

   ・個室付き特殊公衆浴場(いわゆるソープランド)については、個室の数、個室の床面積、個室の  扉の窓、従業者用の休憩室等について定められています。
(公衆浴場法施行条例第6条第2項)

  構造設備基準に合致するか事前にチェックする必要がありますので、設計段階で所管する保健所の担当までご相談ください。

   営業許可申請は、営業開始日の1ヶ月前くらいに保健所に正副1部ずつ提出してください。 
  
   構造設備を変更したり、廃止した場合などは、速やかに保健所に届け出てください。

【許可申請に必要な書類等】
 1 公衆浴場営業許可申請書
 2 構造設備一覧表
 3 構造設備を明らかにした図面
 4 公衆浴場のおおむね500mの区域内の状況を明らかにした縮尺2,500分の1の図面
 5 建築基準法に基づく検査済証の写し
 6 申請手数料  22,000円(徳島県収入証紙)
 7 その他(必要に応じて)
●警察許可である古物営業許可の詳細情報は下記をクリックしてください。 古物営業許可の詳細情報
お問い合わせはこちら ●「官公署に提出する書類」の作成とその代理、相談業務
「官公署に提出する書類」の作成とその代理、相談業務
行政書士は官公署(各省庁、都道府県庁、市・区役所、町・村役場、警察署等)に
提出する書類の作成、同内容の相談やこれらを官公署に提出する手続について代理することを業としています。その書類のほとんどは許可認可
(許認可)等に関するもので、その数は1万種類を超えるとも言われます。



●風俗営業許可に対する詳細情報は下記をクリックしてください。 風俗営業許可に対する詳細情報 「飲食店、遊技店を開店したい」 パチンコ店を開業したい。
「飲食店、遊技店を開店したい」
飲食店や遊技店を開店するには、営業開始前に保健所・警察署等に必要書類を提出し、その施設が基準を満たしているかどうか確認を受けなければなりません。店舗の形態によって、以下の許可申請手続などが必要になります。 飲食店または接待飲食店営業許可申請手続風俗営業許可申請手続(マージャン店、パチンコ店等)
難題のパチンコ店営業許可申請対応しております。1台あたり報酬5000円以上から受任
いたしております。
 新設許可は,開業1年くらい前から事前協議を警察担当部署と協議をおこなうのが普通です。


●警察許可である古物営業許可の詳細情報は下記をクリックしてください。 古物営業許可の詳細情報
お問い合わせはこちら
○ビジネスの中には、役所にあらかじめ許可・届出等を行わないと開業できないものがあります。
当然、誰でも受理されて許可かおりるわけではありません。
もちろん定める法律・条例に違反すると処罰の対象となります。
また、許認可と個人の資格は別物ですから注意が必要です。
なお、窓口は,国各省庁その出先機関,都道府県庁や保健所のほか、警察署や税務署、公共職業安定所などがあります。
当事務所では、許認可申請手続きを代理して行います。
○忙しくて申請書類を作っている暇がない方
○申請書類作成が手間が掛かって面倒だと感じる方
○報酬を支払っても『行政手続きのプロ』任せたいと思っている方
行政法務手続の専門家である当事務所へ依頼してください。
許認可を必要とする業種の一部
営業の種類  許認可の種類 
株式会社 合同会社設立
組合法人設立認可
社団法人 財団法人設立 医療法人設立認可
金融商品取引業(投資ファンド)
認可
投資事業有限責任事業協同組合
飲食店 
菓子製造業 
喫茶店営業 
アイスクリーム類製造業 
魚介類販売業 
そうざい製造業 
食肉販売業 
豆腐製造業 
乳類販売業 
めん類製造業 
旅館業 
公衆浴場業 
薬局開設  許可  保健所 
動物取扱業  登録(平成18年6月1日から)
理容所 
美容所 
クリーニング所  届出 
衣料品の配置販売業 
建設業 
産業廃棄物収集運搬業(保管・積替を除く) 
特別管理産業廃棄物収集運搬業(保管・積替を除く) 
産業廃棄物処理業 
特別管理産業廃棄物処理業  許可  都道府県庁 
ガソリン販売業 
ビル清掃業 
解体工事業  登録 
宅地建物取引業  免許 
介護サービス事業  指定 
宝石販売業  許可  税務署 
酒類販売業  免許 
介護タクシー事業 許可  運輸局 
倉庫業  登録 
自動車整備業 認証  陸運支局 
風俗営業 
リサイクルショップ 
古物営業 
質屋営業  許可  警察署 
風俗関連営業 
深夜営業バー・スナック  届出 
警備会社  認定 
一般労働者派遣事業  許可  労働局 
たばこ小売販売業  許可  日本たばこ産業(株)


お問い合わせはこちら 行政書士コスモス法務・会計事務所各種業務内容一覧
行政書士コスモス法務・会計事務所  各種業務内容一覧  遺言相続関係 ・遺言書 自筆証書遺言作成サポート              秘密証書遺言 公正証書遺言 ・遺産分割協議書 ・遺言執行業務 ・相続財産調査 ・相続分無き事の証明書 ・遺留分減殺請求      離婚問題 ・離婚協議書 ・慰謝料請求(内容証明・示談書等) ・養育費請求(内容証明・示談書等) ・その他(浮気・セクハラ・DV・ 認知請求等) 福祉関係手続 ・指定居宅サービス事業者申請 ・介護保険施設開設許可申請 ・指定居宅介護支援事業者申請 建設業許可(徳島県・日本政策金融公庫融資手続)申請に関する法的手続掲示板 建設関係業務 ・建設業許可 許可申請知事申請 許可申請大臣許可 許可申請(業種追加) 許可変更 (経営業務の管理責任者変更) (専任技術者の変更) (役員・その他) ・経営事項審査 ・競争入札参加資格認定 ・産業廃棄物 産業廃棄物処理業許可申請 ・解体工事業者登録 各種許認可 ・営業許可・登録申請 古物商許可申請 賃金業登録申請 旅行業登録申請 倉庫業登録申請 旅館業登録申請 飲食店営業許可申請 深夜酒類提供飲食店営業届出申請 たばこ小売販売業許可申請 風俗営業許可申請 自動車運輸関係 自動車登録 抹消登録 移転登録 変更登録 新規登録 自動車保管場所証明書 出張封印 ・一般貨物自動車運送事業許可申請 ・一般乗用旅客自動車運送事業免許申請 ・貨物軽自動車運送事業登録申請 ・第一種利用運送事業登録申請 ・自動車運転代行業認定申請 ・フロン類回収業登録申請 ・自動車リサイクル法引取り業者登録 ・自動車粉砕業許可申請 ・自動車解体業者許可申請 国際業務 ・帰化許可申請 ・再入国許可申請 ・在留期間許可申請 その他 ・各種示談書作成
建設業許可(徳島県・日本政策金融公庫融資手続)申請に関する法的手続掲示板
●比較的多く依頼のある営業許認可申請です。 1.電気工事業者登録申請 2.建設コンサルタント、地質業者登録申請 3.測量業者登録申請 4.産業廃棄物許可申請(収集、運搬、中間処理、最終処分) 5.宅地建物取引業免許申請 6.風俗営業許可申請(パチンコ、マージャン、バー、キャバレー) 7.飲食業営業許可申請 8.古物商営業許可申請 9.旅館、浴場、理容、美容営業許可申請 10.旅行業登録申請 11.貸金業登録申請  建設業許可(徳島県・日本政策金融公庫融資手続)申請に関する法的手続掲示板