★全国対応
●後悔しない離婚に関する書類作成ご相談ください。
離婚協議書の作成など。離婚に関係する公正証書原案作成。
★離婚事案年間約25万件
●離婚できるかどうかの法的検討
●親権は妻又は夫いすれが持つか。
●実際の子供の養育はいずれがするのか。
●養育費はどちらが払うのか。その金額は。
●慰謝料はだれが誰にたいしていくら支払うのか。
●財産分与はどうするのか。

その他●近時相談の多い事案です。全国対応しています。
★★不倫・浮気相手に対する慰謝料等損害賠償請求書面の作成

●全国対応
遺言手続ご相談ご用命ください。
●自筆遺言書作成,公正証書遺言原案作成などご相談ご用命お待ちいたしております。
◆将来の紛争予防のために自筆証書遺言書作成のお薦め。
●グーグル広告掲載中のプランです。現在特別報酬で受け付け中です!!!!!!!!!
クリックして詳細ご覧ください。
ネットで申し込み自筆証書遺言簡単に法的に有効な遺言書完成できます。


最近ご相談ご依頼の多い事案です。
★近時,ふたりにひとりが癌に罹患する時代です。癌疾病死亡者年間約33万人。
医師から癌などの病気で余命宣告をされた患者の皆さんお見舞い申し上げます。
治療に専念するためにも身辺整理(内縁関係問題・親子認知・養子縁組問題),
財産整理(貸金請求督促)などのために権利・義務及び事実証明書類・遺言書作成ご依頼ください。

死後のことを後悔しないためにも身辺債務・債権(貸金請求)・その他財産整理・死亡保険金受取人変更等,余命宣告をされたら早期に遺言書の作成,貸金請求などの相談を経験豊富な行政書士にご依頼ご用命ください。ご家族にも秘密厳守で全国対応いたします。病院に対する癌治療情報開示請求などにも対応いたしますのでご相談ください。
●ご入院中の病院などに全国どこへでも提携行政書士等がご相談にお伺いします。お気軽に相談ご用命ください。


「相続手続」を大きく分けると、
@相続人の確定手続 
A被相続人の財産(遺産)確定手続
BAの財産確定後の相続人の間の遺産の分配方法そして、
Cその遺産の現実の実行手続、に分けられるかと思います。
遺産・相続・遺言に関することは、当事務所へお気軽にご相談ください。

特に死亡生命保険金請求・不払い請求手続きなどについてご相談ください。
●詳細はクリックしてください。遺言に関する手続掲示版  ●詳細はクリックしてください。相続手続に関する掲示板 必読です!!!!!!!●詳細はクリックしてください。離婚手続に関する掲示板   ●遺言・相続に関する詳細情報は下記をクリックしてください。 ●クリックしてください。遺言・相続に関する詳細情報 ●クリックしてください。内容証明郵便(困り事解決)センター掲示板
★★★最近の遺言問題 医師からの癌宣告,余命宣告  身辺整理も必要★★★
不遜不吉なことですがすべての人間は必ずいつかは死亡するという厳然たる事実が
存在します。
我が国の年間死亡者数は約105万人。そのうち悪性腫瘍(癌)死亡者数は約33万人と言われています。
癌宣告を医師からされたり癌余命宣告をされたりした場合には,5年生存率は低くなりますので残念なことですが,治療に専念するとともに死亡後の身辺整理も必要となります。遺言書の作成,財産・債務整理・企業承継,内縁関係問題,認知問題等々。

 特に死亡生命保険金受取人などの変更手続きなども生命保険会社に一任するのではなく,将来の紛争防止のため敷居の低い「街の法律家行政書士」にご相談ください。
行政書士に依頼することで誰にもわからず秘密裡に生命保険死亡保険金受取人変更手続(保険金受取額分配割合変更も含む)を行うことも可能です。

近時死亡後の受取人を巡る紛争が拡大しています。現在加入している生命保険契約・年金加入状況の調査確認なども行政書士がお役にたちます。
 その他遺言書の作成など死後に気にかかる家族的問題,法的問題についてもお気軽にご相談ください。
●全国対応できます。行政書士が病床などへご相談にお伺いをいたします(交通費用等実費負担)。提携行政書士など全国に配置しています。

 依頼者ご本人入院中の場合,自宅療養中の場合にはご本人の電話依頼などは無論のこととしてご家族のご依頼にもとづきご指定の場所(病院・ご自宅・その他)までお伺いいたしますのでお気軽にご依頼ください。

相談の秘密は守秘義務により固く守られます。
行政書士は,業務上知り得た事実については「守秘義務」が課せられておりこれに違反すれば法律で1 年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられる旨の規定が定められておりますので秘密は固く守られますのでご安心ください(医師,弁護士公証人は6月以下の懲役又は10万円以下の罰金)。
◇◇◇クリックしてください。ホームページトップに戻る◇◇◇ ●ご入院中の病院などに全国どこへでも提携行政書士等がご相談にお伺いします。
●ご入院中の病院などに全国どこへでも提携行政書士等がご相談にお伺いします。
○遺言制度とは
死後の財産は、相続という法定財産制度により、被相続人(財産を残す人)の意思とは関係なく、法定相続分に従って分割されてしまいます。
ということは、被相続人として自分の財産の処分に思うところのある方(法定の相続割合とは異なった割合の指定、具体的にこの財産は誰に相続させる、相続人以外の人に渡したい等)は、その財産処分に関して意思表示をしておく必要があります。そして、死後にその意思表示が実現するために、相続人に対して法的に拘束力のあるものでなければなりません。
被相続人のそういった目的を最大限に尊重し実現するための制度が遺言制度です。
この点で、生前に特定の財産を特定の人に贈与しておく方法もありますが、税制の面で極めて高額な贈与税の負担が発生します。

○法的に有効でなければなりません
法的に拘束力のある遺言は、あくまで法律行為であって身分関係、財産関係などに法律的な効果の発生を伴うものですから、法定の要件を満たした遺言書が作成された場合に初めて、遺言としての法的効力が認められます。
ですから、その作成に当たっては、法定の遺言事項を踏まえた上で、どのような遺言書を作成すればよいのか検討し、作成した遺言書が法定の要件を満たしているのか否かを慎重に確認する必要があります。
間違った遺言書を作成すると、せっかくの被相続人の意思は、法的拘束力をもたず、完全な形で実現できなくなる可能性があります。

逆に、法定の遺言事項に関係ない家族に対する訓辞や訓戒等のような内容を残す場合には、形式にこだわる必要もありませんし、その内容も文言も自由です。

●遺言・相続に関する詳細情報は下記をクリックしてください。 ●クリックしてください。相続手続に関する掲示板 ●クリックしてください。遺言に関する手続掲示版  ◆◆◆クリック「無料お問い合わせ」メールはこちらです◆◆◆   ●クリックしてください。遺言・相続に関する詳細情報 ◇◇◇クリックしてください。ホームページトップに戻る◇◇◇
○遺言の方式
遺言書を作成したいという場合、一般的にその方式としては自筆証書遺言か公正証書遺言を作成することとなります。

自筆証書遺言は、証人の必要がなく、いつでもどこでも作成でき、書き直しも簡単にできますが、一方で、その書き方や書き直しに対して様々な条件があります。その条件に合致していないと、無効な遺言書になってしまいます。

公正証書遺言は、公証人にその作成を依頼する方法です。遺言したい内容を公証人に伝えるだけで、後は公証人が法的に有効な遺言書を作成してくれます。ただ、証人を2人お願いしなければならないことや様々な確認のため添付書類を集める必要があります。また公証人に対する費用も発生しますが、公正証書遺言を残しておくことで、遺産分割協議の必要がなくなり、遺言者の死後、遺言執行者による財産処分がスムーズに行われ手続費用も軽減されます。

◆ご自分で自筆証書遺言を作成したいという方のためには,コクヨ遺言書キット書式を強く推奨いたします。
コクヨは、この「遺言書を自分でつくりたい」ニーズに目をつけ、「遺言書キット」を企画。
(1)遺言虎の巻(遺言書の書き方マニュアル)

(2)コピー予防機能を備えた遺言書用紙(コピーすると「複製」の文字が浮かび出る)

(3)開封すると元に戻せないセキュリティ仕様の封筒

(4)下書き用紙

(5)保管用台紙
この5点セットを2415円で販売したところ、1年間で何と2万セット以上、金額にして約5000万円を売り上げたという。

◆ただし,自筆証書遺言は,要式行為といわれる法律行為ですので,民法の定める自筆証書遺言の法律要件を充足しない遺言状は「無効」とななりますので,最終的には,遺言相続の専門家行政書士による自筆証書遺言の作成指導内容点検監査をうけることを強く推奨いたします。
 当事務所では公証人の認証にもとづく公正証書遺言の他,上記,自筆証書遺言の作成も将来の相続問題が「争続」とならいように生前の遺言書作成を紛争防止,予防法務の観点から強くおすすめいたしております。


◆自筆証書遺言書作成のお薦め ◆◆◆クリック⇒無料ご相談・依頼をなさりたい方はこちらへ。◆◆◆
無料お問い合わせはこちら
自筆証書遺言の書き方については、必要な要件が少なく、費用も余りかからないためいつでも簡単に作成する事ができます。 しかし、遺言書は法的な効力のある文書ですから、書き方についての方式は厳格で間違いがあれば無効になります。 自筆証書遺言書は、手軽に作成できる反面、保管方法によっては紛失や偽造の危険があります。 遺言相続の専門家行政書士による自筆証書遺言の作成指導内容点検監査をうけることを強く推奨いたします。  通常の遺言対象財産調査などを含む自筆証書遺言の作成なども承っております。 お問い合わせください。 ◆◆◆◆◆◆◆◆ ●下記クリックしてください。 遺言に関する手続掲示版 行政書士コスモス法務・会計事務所 ●クリックしてください。遺言に関する手続掲示版  遺言に関する手続掲示版 行政書士コスモス法務・会計事務所 ●クリックしてください。遺言に関する手続掲示版 ●クリックしてください。相続手続に関する掲示板  
●クリックしてください。相続手続に関する掲示板 ◆◆◆クリック「無料お問い合わせ」メールはこちらです◆◆◆ ◇◇◇クリックしてください。ホームページトップに戻る◇◇◇   ●相続
◆相続
亡くなられた方の財産の整理すなわち「相続手続」を大きく分けると、
●行政書士は,業務上知り得た秘密の事項については「守秘義務」が課せられておりこれに違反すれば法律で1 年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられる旨の規定が定められておりますので秘密は固く守られますのでご安心ください(医師,弁護士,公証人等は,6月以下の懲役又は10万円以下の罰金)。

(1) 相続人の確定手続 
(2) 被相続人の財産(遺産)確定手続
(3) 財産(遺産)確定後の相続人間の分配方法の決定
(4) 遺産分配の現実の実行手続
に分けられます。

また、相続の流れは、下記のとおりです。
(1)相続の開始(被相続人の死亡)             
(2)遺言書の有無の確認をする
(3)遺言書がある場合は、遺言の執行
(4)相続財産の調査と評価
(5)相続放棄、限定承認等の手続
(6)相続財産の所得税の手続
(7)相続人間の遺産分割協議
(8)遺産分割協議書の作成
(9)相続税額の計算
(10)相続税申告書の作成
(11)申告・納付



ここでは、行政書士がお手伝いできる遺産分割協議書作成を中心に解説いたします。

○遺産分割協議書作成のすすめ
相続財産について分割協議が成立すると分割手続きは終了します。

通常は、協議が成立すると分割協議書に共同相続人が署名または記名し、押印します。
必ずしも協議書を作成しなくても良いのですが、後日、分割協議の有無や、内容について争いが起こる場合もあり、作成しておけばその証拠資料となりますし、今後の相続手続きの際(不動産等の登記申請、名義書換)に、遺産分割協議書の提出を求められる場面が多いので、作成しておくことをおすすめします。

協議書に押印する印は、印鑑証明のある印で、協議書に印鑑証明書を添付して確実性を期するのが通例です。

相続人に未成年者がいるときは、その未成年者の親権者が法定代理人として協議するのが通常ですが、相続については親と子の利益が相反するため、その子の代理をすることができず、家庭裁判所に、その子のために特別代理人を選任してもらって、その特別代理人と協議することとなります。


●クリックしてください。相続手続に関する掲示板 ●遺言・相続に関する詳細情報は下記をクリックしてください。 遺言・相続に関する詳細情報 ◇◇◇クリックしてください。ホームページトップに戻る◇◇◇
○遺産分割協議書作成の注意点
(1) 遺産分割協議書は協議の証拠として残すものですから、争いの余地を残さないように配慮する必要があります。
(2) 表題は遺産分割協議書が一般的ですが、合意書、記というようなものでも構いません。
(3) 誰の相続であるのか、被相続人の氏名、年齢、最後の住所地、死亡年月日を記します。
(4) 相続人を確定します。その際に続柄も記します。
(5) 分割内容は正確を期す必要があります。不動産の場合は登記簿謄本の記載どおりに記さなければなりません。預貯金は名義人と口座番号を明記しておくと良いでしょう。
(6) 最後に、相続人全員が署名と捺印をします。住所は住民票に記載されている住所を表記します。
(7) 用紙が2枚以上になる場合は、契印を押します。
(8) 用紙の指定はありませんので、何でも構いません。
(9) 形式も自由です。



◇◇◇クリックしてください。ホームページトップに戻る◇◇◇
ご入院中の病院などに全国どこへでも提携行政書士等がご相談にお伺いします。

遺言書をつくりたい」、「相続手続をしたい」
「通常、遺言には、自分で作成する「自筆証書遺言」、公証人に作成してもらう「公正証書遺言」、遺言の内容を秘密にできる「秘密証書遺言」の3種類があります。行政書士は、これら全ての遺言書作成の支援(「公正証書遺言」では証人になる等、「秘密証書遺言」ではその作成等を含む)を行います。

また、遺産相続においては、(1)遺産の調査、(2)相続人の調査、(3)相続人間の協議、(4)※「遺産分割協議書」の作成、(5)遺産分割の実施の順で手続きが行われていきます。行政書士は、そのうちで「遺産分割協議書」の作成を行い、それに向けた諸々の調査、書類の作成等をお引き受けします。
※ 遺産の調査と相続人の確定後に相続人間で行われた遺産分割協議書で取り決めた内容を書面にしたもの。

法務省ホームページに成年後見制度の詳細が記載されております。
ここで縷々説明をするより法務省ホームページをみるほうが理解が早いと思います。
<成年後見制度(せいねんこうけんせいど)>  法務省
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji17.html
ホームページトップに戻りお知らせ欄に法務省リンク設置しております。クリック
そこでしてください。










●後悔しない離婚に関する書類作成 必読です!!!!!!●クリックしてください。離婚手続に関する掲示板 ◆◆◆クリック「無料お問い合わせ」メールはこちらです◆◆◆
無料お問い合わせはこちら 離婚問題・熟年離婚 年金分割の基礎知識 ●クリックしてください。熟年離婚 年金分割の基礎知識 ◇◇◇クリックしてください。ホームページトップに戻る◇◇◇
★全国対応しています。お気軽に相談してください。 行政書士への離婚相談は、離婚による年金分割・財産分与・慰謝料・養育費・不貞行為(浮気・不倫)・別居中の生活費用請求等、何でも相談できます。 別居中の配偶者や不倫相手へ送る、内容証明郵便の書き方のアドバイスや、代行をしてもらうこともできます。 離婚問題解決のためには、まずは思い切って行政書士へ相談してみてください。 離婚相談をすることによって、長い間悩んでいた離婚問題解決の糸口が、きっと見つかることでしょう。 ●後悔しない離婚に関する書類作成ご相談ください。 離婚協議書の作成など。離婚に関係する公正証書原案作成。 ★離婚事案年間約25万件 ●離婚できるかどうかの法的検討 ●親権は妻又は夫いすれが持つか。 ●実際の子供の養育はいずれがするのか。 ●養育費はどちらが払うのか。その金額は。 ●慰謝料はだれが誰にたいしていくら支払うのか。 ●財産分与はどうするのか。
必読です!!!!!!●クリックしてください。離婚手続に関する掲示板 離婚の種類と方法協議離婚 ・ 調停離婚 ・ 審判離婚 ・ 裁判離婚 ●離婚相談・熟年離婚相談 ●クリックしてください。離婚相談・熟年離婚相談
無料お問い合わせはこちら
離婚の種類と方法協議離婚 ・ 調停離婚 ・ 審判離婚 ・ 裁判離婚
●協議離婚
協議離婚とは、夫婦間で離婚について話し合い、合意することによって成立する離婚のことをいいます。
日本では離婚の約9割がこの協議離婚によって行われています。
協議の結果夫婦双方が離婚に合意し、離婚届に署名捺印し市区町村役場へ届け出て受理されることによって
離婚が成立します。婚姻届け同様に成人の証人ふたりの自署及び捺印を必要とします。
行政書士が届け出代行ないし代理届け出も業務として行います。ご相談ください。
離婚の理由や動機に法的な制限はなく、協議離婚届には理由を書く欄もありません。
未成年の子供がいる場合は、離婚届の親権者の欄にどちらか一方を親権者として記載する必要があります。
協議離婚は、簡単な手続きで離婚が成立してしまいます。
簡単に離婚できる分、慰謝料や財産分与、子供の養育費などの取り決めは、口約束だけでは何の保障もありません。
夫婦で話し合いの結果、協議離婚することになったら、必ず合意の内容を「離婚協議書」や「公正証書」などの書面にしておくことが大切です。
書き方や内容が不安な時は、公式書類作成のプロである行政書士に相談するのが一番安全で確実な方法です。

   
●調停離婚
調停離婚とは、夫婦間の話し合いでは解決が困難な場合や、話し合い自体が出来ないような場合に、家庭裁判所の調停によって離婚が成立することをいいます。
第三者である調停委員や裁判官が夫婦の間に入って双方の話を聞き、相手に伝えたり、アドバイスをしてくれます。
離婚と離婚の条件(慰謝料・財産分与・親権など)について夫婦双方の合意が得られたら、調停調書が作成され、離婚が成立します。

離婚調停の申し立ては、居住地を管轄する家庭裁判所(別居中の場合は、相手の居住地を管轄する家庭裁判所)で申立書に記入し、収入印紙(900円〜1,200円程度)と呼び出し時に使う切手代(800円程度)を添えて提出します。
離婚するかどうか迷っている時や、夫婦仲を調整してやり直したいという時も、家庭裁判所の調停制度を利用することができます。

   
●審判離婚 ●裁判離婚 ●不倫・浮気相手に対する慰謝料請求
●審判離婚とは、家庭裁判所が調停を行っても離婚が成立しなかった場合に、家庭裁判所が職権で審判をして離婚が成立することです。
調停が成立しなかった場合に、双方の事情を考慮した上で家庭裁判所が離婚を適当であると認め、審判を下すことで、件数は多くありません。

調停が進んで、お互いに離婚を認めた方が良いと思われるのにも関わらず、些細な点にこだわって離婚調停が不成立になる場合や、最終段階になって一方が調停に出頭しない等の場合に行われます。

審判に対して2週間以内に意義の申し立てがなければ審判が確定して、離婚成立となります。




●裁判離婚
裁判離婚とは、家庭裁判所が審判を下したにも関わらず離婚が成立しない場合に、一方が地方裁判所に離婚訴訟を起こします。
地方裁判所で離婚裁判を行い、それによって成立する離婚を裁判離婚といいます。
原則として、離婚調停を経ずにいきなり離婚裁判を起こすことはできません。
協議離婚・調停離婚では離婚理由は問われませんでいたが、離婚訴訟を起こすためには民法(770条1項)が定めている離婚原因が必要となります。
離婚原因については申立をする者が挙証立証の責任がありますので証拠収集が必要です。
 ・ 相手に不貞行為があった場合
 ・ 相手から悪意で遺棄された場合
 ・ 相手の生死が3年以上不明な場合
 ・ 相手が強度の精神病にかかり、回復が見込めない場合
 ・ 婚姻の継続が困難な重大な事由がある場合

●不倫・浮気相手に対する慰謝料請求
最近よくある問題のひつとです。
内容証明郵便による請求が効果的。概ね判例等では慰謝料額は150万以内というのが
平均的相場です。